【驚愕】日本文化と全然違う!『人種のサラダボウル』アメリカの6つの文化

スポンサードリンク


アメリカは、1776年の独立宣言によって建国されました。いまだ250年ほどしか経っていない、若々しく活気あふれる国です。今回の記事では、そんなアメリカの特徴的な文化について解説していきます。

「これは日本ではあり得ない…」日本とアメリカ、接客サービスの違いとそのエピソード!

2018.08.24

 

多様性を受け入れる

アメリカは「人種のるつぼ」あるいは「人種のサラダボウル」と呼ばれるほどに多種多様な人々が生活しています。かつてイギリス人やフランス人に開拓されて以降、様々な国からの移民や原住民たちとともに成長してきました。

そのような背景から、一人ひとりの考え方や外見も十人十色です。そのような違いがあるからこそ、アメリカでは自由や平等といった考え方が重要視されるようになりました。

 

アメリカ人の国民性

個人差や人種の違いにより、一元的に語ることはできませんが、アメリカ人全体の傾向としては以下のような国民性があると言われています。

まずアメリカ人は社交性が高く、知らない人に対しても気さくに話しかけます。道行く人たちに挨拶をする、初対面の相手ともハグをして親密さを表現するなど、日本人からすれば大胆に思えるほどフレンドリーです。

次に、自分の意見をしっかりと通す自己主張の強さがあります。しかしアメリカ人は、個人の自由や権利を尊重する文化を持つため、ほかの人が意見を述べることに対しても敬意が払われます。日本の場合は黙っていると「肯定」と思われがちですが、アメリカにおいては「意思がない」という印象を与えるおそれがあります。

また、感情表現が大きいという面もあり、身振り手振りを使って気持ちを伝えます。海外では、ジェスチャーが日本と異なる意味を持っていることも多いため、注意が必要です。旅行に行く前などは、その国でよく使われるジェスチャーやタブーなどについて調べておきましょう。

 

挑戦を応援する

「アメリカン・ドリーム」という言葉があるように、アメリカでは挑戦することを美徳だと考えていて、チャレンジ精神が旺盛です。また、周りの人達も挑戦している人に対して協力的で、応援する風潮を持っています。

芸術的なものに関わろうという夢を持つ人も多く、毎日たくさんの音楽やアートが生まれています。政府や社会の変動が大きいことも、国全体の挑戦を奨めていくという気風による影響があるのでしょう。

 

スポンサードリンク

アメリカ人の食文化

アメリカの食事は、様々な国からの移民たちの食文化と、先住民たちの食文化が混ざり合って形成されました。主に牛肉、トウモロコシ、豆、果物、乳製品が原料として使われています。

国土の広さに対して人口がそれほど多くなかったため、機械化が進められ、缶詰、冷凍食品、加工食品が発達しました。そのため、これらを利用して作られるハンバーガーやフライドチキンといった、ファストフード料理が多く食べられるようになりました。

また、食事の量が多いのも特徴的で、店で料理を頼むと大量の食事が出てきます。残してしまったものを持って帰るのもマナー違反ではないので、食べきれなければ持ち帰るとよいでしょう。

アメリカというと、前述のファストフードやステーキといった料理が思い浮かぶでしょうが、各地にはそれぞれの伝統的な郷土料理も存在しています。

 

客と店員は対等

日本では「お客様は神様」という言葉があるように、お客様がサービスを受ける際は、いつでも丁寧で誠実な対応が求められます。

しかし、海外ではそうではなく、客と店員の関係は対等というのが一般的です。アメリカでも、スーパーのレジ係の人は列ができていても特に急いだりせず、ほかの店員さんと話しながらマイペースに仕事を進めています。

 

アメリカの医療事情

日本では、何らかの健康保険への加入が義務付けられていますが、アメリカでは保険の加入は任意です。また、アメリカ人の保険はカバーする範囲や自己負担額がそれぞれ異なるため、保険そのものが使いづらい内容になっています。医療費も非常に高いことから、体調が悪くなっても簡単に病院に行くことはできません。

そのため、アメリカでは病気になったらまず薬局に行き、自分での治療を試みます。かなり効き目の強い薬の市販も認められていて、身近なスーパーなどでも手に入れることができます。

自分での治療がうまくいかない時は、診療所に行き医師に診てもらいます。その次の段階は緊急診療所で、心臓発作など救急車を呼ぶほどの場合のみ、病院へと向かいます。

アメリカの病院の診察費は非常に高く、日本の数倍から数十倍にもなります。皆さんも旅行やビジネスでアメリカに行く機会があったら、必ず保険について調べるようにしましょう。

 

最後に

いかがだったでしょうか。アメリカは様々な人々が集まってできた国のため、日本とは全く異なった文化が形成されています。自国と異なる文化に触れることは、ほかの人の考えや価値観を知り、より良い交流を行う上でいい刺激になりますよ。

皆様が、アメリカをはじめとした異文化について興味を持たれたら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です