こんな留学は嫌だ!日本人が留学先でやりがちな3つのこと!

近年グローバルな時代になり海外旅行する日本人も訪日外国人も増えていく中で、留学という経験もいまや珍しくないこととなっています。

特に時間が比較的ある大学生に留学は人気で、外国語学部生でなくても留学できる制度は豊富な現状です。留学の目的は主には語学の習得にあるかと思いますが、異文化体験や旅行といった目的もあることでしょう。

留学先で一番人気はやはりアメリカです。

そこで今回は、筆者である私が学生時代1年間のアメリカ留学で実際に経験した、「こんな留学は嫌だ!」という事柄について紹介していきます。この記事を見て、もし今後皆さんが留学する際の参考にしてもらえたらなと思います。


スポンサードリンク



 

日本人の人とばかり絡んでしまう

まず一つ目は、留学先で日本人の人とばかり絡んでしまうことです。

異国の地に行くと、当然ながら最初の方は特に不安だらけの毎日となります。英語もままならずまともな会話もできず、授業についていくにも必死で楽しい反面ストレスも強く感じます。

そんな中で、同じクラスや学校に日本人がいて日本語で悩みを共有できると、当然ながらとても心強いです。しかし適度な交流にしないと、後々に後悔することになります。

 

英語力が伸び切らない

日本人と友達になるのはいいことですが、異国の地だと結構親密に仲良くなりがちです。そうするとアフタースクールも一緒にいることになり、そこでは当然日本語で話すことになります。

せっかくアメリカにいるのに英語に触れる機会が少なくなってしまい、結果的に英語力がある程度のところまでしか伸びないということになります。とても惜しいです。

正直私もけっこう日本語をしゃべっており、もちろん日常会話レベルの英語は身につきましたが、もっとできたなと若干後悔しています。

アメリカの語学留学で英語が伸びない人の特徴って?ダメ留学パターンを3つ教えます!

2018.09.10

 

外国人の友達ができない

日本人とばかり絡んでしまうデメリットのもう一つは、外国人の友達ができづらいということです。もし友達の方も積極的に外国人の友達を作っていたら、むしろその友達とも仲良くなれるのでたくさん友達ができるかもしれません。

しかし、日本人同士でいるところに外国人の人が話しかけることはあまりないでしょう。逆に、他国の人もその国の人同士で一緒にいる光景を見かけますが、私はそこに話しかけようとは思えません。

外国人の友達を多く作ることでアメリカだけにとどまらず世界中の文化に触れることもでき、視野も広がることができるのでとても楽しいです。ぜひ、外国人の友達を作ってみてください。

 

ジャンキーな食事にハマってしまう

二つ目のこんな留学は嫌だ!は、ジャンキーな食事にハマってしまうことです。

これは正直、仕方のないことです。なぜなら、日本では出会ったことのないほどおいしいハンバーガーなどが日常的にあるからです。本当においしいです。ファストフードのハンバーガーでさえ一味違います。

そして、頻繁に行われるパーティーにはジャンクフードとコーラは必須です。一週間も立てば主食はジャンキーになっていることでしょう。

【女性必見】食事制限不要!?アメリカで生活していた私が太らなかった2つの理由!

2018.09.29

 

身体が太る

当然これらハイカロリーな食事ばかり食べていると、太ります。

渡米時に着ていた服が数ヶ月で切れなくなるという話はアメリカ留学あるある話の定番となっています。でもこれは本当のことです。

こうならないためにも、ジャンキーな食事を抑えるか事ジムに行くなどして体をしっかりと動かすことが大事です。私は授業後大学のジムに行って運動していたので、幸いにも体型はほぼ変わることはありませんでした。

しかし、周りの友人はやはり変化がありました。留学後に写真を見返したときに、せっかくの楽しい思い出を写した写真に失望しないよう日頃からの食事管理は大切です。


スポンサードリンク



 

肌が荒れたり身体に不調をきたしたりする

ジャンキーな食事は当然体型だけではなく、肌質にも影響があります。友人の女性は、肌荒れに苦しんでおり食事を徹底的に管理して改善に努めていました。

また、食生活が変わるとやはり体調も一時的に悪くなってしまうこともあります。サラダはもちろん存在しますが、意識しなければ野菜にはありつけません。

しかし、現地の学生も健康意識はあるので、サラダバーなどの食堂も大学内にありけっこう人気でした。なので、一概にジャンクフードにあふれているというわけではないので安心してください。



 

クレジットカードでお金を使いすぎてしまう

最後はお金にまつわることです。アメリカはクレジットカード文化がとても広まっているので、留学前にクレジットカードを作ることを強くお勧めします。

もちろん現金払いもできますが、お店によっては露骨に嫌がられることもあります。

また、日本からアメリカへ送金などする際にも、国際プリペイドカードなどの機能があると便利なので一度調べてみてください。

しかし、クレジットカードは使い慣れていないとついつい使いすぎてしまう恐れがあります。実際に私も2枚のクレジットカードを使い切ってしまい、親に後々とても後悔する羽目になりました。

アメリカ旅行に行くならこのカードを使用せよ!必携のクレジットカード5選

2018.12.03

 

貴重な経験ができなくなる

クレジットカードの請求額は常にチャックしておいてください。というのも、いざ大金を使おうとしたときに上限いっぱいでカードが使えないということになりかねません。

留学中は、生活の物価は日本とさほど変わらない印象でした。しかし、やはりアメリカにいるとグランドキャニオンやロサンゼルス、ニューヨーク、またはカナダにだって日本よりかははるかに近くにあるので行くことができます。

私も学校がバケーションに入るたびに旅行していました。私は留学最後に記念に一人でどこか行こうと思いニューヨーク行きを決意した際、クレジットカードの残金が足りずに決済直前で断念した苦い思い出があります。

結果的にはラスベガスに行けたのですが、ニューヨークにはいまだにあこがれを抱いています。このように、いざというときにお金が使えなくなることがあるので、クレジットカードの使用も計画的にしてください。


スポンサードリンク



 

留学後の請求がとんでもない額になる

私はリボ払いを一部導入していたので、留学後も支払いは続きました。正直、リボ払いはあまりお勧めできません。

帰国後、親との感動の再会もつかの間お金の使いスキの件で説教を受けました。クレジットカードの怖さを知ったけいけんとなりました。

しかしそれによってお金の使い方を学ぶことができたので、今となってはそれもいい思い出だなと考えています。もう一度言いますが、クレジットカードの利用は計画的にお願いします。

 

先人たちの経験を活かして素晴らしいアメリカ留学経験を

以上、私が実際に体験したことをもとに「こんなアメリカ留学は嫌だ!」を三つ紹介しました。

留学は日本での生活とは大きく変わり常に新しい体験と出会います。それにより問題に直面したり不安やストレスで体調を崩したりといろいろなことがあるかもしれません。

しかし、それらも含めて先人たちはアメリカ留学を楽しんできました。もちろん私もアメリカ留学を存分に満喫しました。できるうちに経験しておくことを私は強くお勧めします。

きっとかけがえのない経験となることでしょう。もしこの記事を読んでくれた皆さんがアメリカ留学を考えているならば、この記事を少しでもさんこうにしてもらえれば幸いです。

スポンサードリンク