アメリカを語るならこれを読め!映画化もされた名作すぎる小説5選

スポンサードリンク


アメリカ合衆国はイギリスの植民者が開拓し、独立したという経過をたどっているため、ほかのヨーロッパ諸国とは異なる独自のスタイルの文学を形成しました。

今回はその中でも特に有名で、評価の高い5冊の小説を紹介していきます。

1.海外小説デビューに最適!老人と海/アーネスト・ヘミングウェイ

キューバの海を舞台に、漁師の老人サンチャゴと巨大なカジキ、そして、たくさんのサメたちとの戦いをダイナミックに描いたヘミングウェイの代表作です。

主人公のサンチャゴは、三日三晩の戦いの末、巨大カジキを捕えますが、血の匂いによってたくさんのサメをおびき寄せてしまいます。一見、勝ち目の無い戦いですが、老人は「人間は死ぬことはあっても、敗北するようにはできていない」という結論にたどりつきます。

本書は、1954年のノーベル賞の受賞作とされ、世界的なベストセラーになっています。

読みやすい手ごろな長さの短編となっており、あまり海外の小説を読まないという人にもお勧めできる作品です。

 

2.推理小説ジャンルの元祖!モルグ街の殺人/エドガー・アラン・ポー

この小説の語り手「私(名前は不明)」は、C・オーギュスト・デュパンという素人探偵に出会います。語り手はデュパンの洞察力や分析力、豊富な知識などにほれ込み一緒に住むことを決めます。

後日、ある猟奇的殺人事件の新聞記事が2人の目に留まります。被害者はモルグ街4階に住む母娘でした。母は首を切られ、頭が落ちかかっていて、娘は暖炉に逆立ちで詰め込まれるという、無残な状態の遺体が発見されました。

この事件に対して興味を持ったデュパンは、現場に立ち入る許可を得て意外な犯人を明らかにします。

世界に推理小説というジャンルが普及するきっかけとなった作品です。天才的な探偵と平凡な助手という推理小説の様式はこの作品で生まれ、以降の文学にも大きな影響を与えていくこととなります。

また、作者のエドガー・アラン・ポーは、日本の有名な推理小説作家である江戸川乱歩のペンネームの由来にもなっています。

 

3.アメリカ文学の最高傑作!グレート・ギャツビー/F・スコット・フィッツジェラルド

主人公ジェイ・ギャツビーが、昔の恋人のデイジーを取り戻そうと色々な挑戦をするのが本作のテーマです。

ギャツビーとデイジーはかつて恋人だったのですが、ギャツビーが戦争に出ている間に、デイジーはほかの裕福な男と結婚してしまいます。ギャツビーはもう一度彼女を振り向かせようと必死に努力をしますが、最後には悲劇的な結末を迎えることとなってしまいます。

グレート・ギャツビーは、アメリカ文学の最高傑作の1つと言われています。

かつての恋人の愛をひたすら追い求めるギャツビーの生き方は、「アメリカンドリーム」を体現しているとされ、現在5回も映画化されているなどアメリカでの人気は非常に高いです。

スポンサードリンク

4.人種差別問題に一石を投じた名著!ハックルベリー・フィンの冒険/マーク・トウェイン

本作は、『トム・ソーヤーの冒険』の続編にあたります。

前作の最後にハックとトムは金貨を見つけ、分け合いました。その後ハックは利子をもらうために金貨をサッチャー判事に預け、金貨の管理人となったワトソン婦人の養子として、屋敷で裕福な暮らしを始めます。

しかし、大金を手に入れたと知ったハックの父親は、金貨を奪うため、ハックを強引に自分の家へと連れ帰ってしまいます。

その後、ハックは機を見て父親のもとから逃げ出し、ワトソン家の使用人で黒人奴隷のジムと再会します。彼は、ワトソン家の主人に売られるという話を聞き、逃げ出していました。

ハックは、奴隷の逃亡に手を貸すことに抵抗を覚えましたが(当時奴隷の逃亡に手を貸すのは犯罪だったため)、しだいに彼と友情を築いていくこととなります。

本書は人種差別に対する痛烈な批判によって、さまざまな議論を呼び、現在でも学術的な研究の対象となっています。

アメリカの名作家ヘミングウェイは、本書をアメリカ文学史において最も重要な本だと絶賛しています。

 

5.世界十大小説に選ばれた大作!白鯨(はくげい)/ハーマン・メルヴィル

捕鯨船「ピークォド号」の船長であるエイハブは、巨大な白マッコウクジラの「モビィ・ディック」によって片足を食いちぎられ、その復讐の狂気にとりつかれていました。

はじめのうちは理性的に行動する船員たちでしたが、徐々にエイハブの狂気が伝染していき、最終的に船は沈没してしまいます。

この小説は、ピークォド号の唯一の生き残りである、主人公イシュメールの手記という形で追体験する構成になっています。

この作品も何度も映画化され、スターバックスコーヒーの名前の由来となる副船長、「スターバック」が登場するなど、世界に大きな影響を与えています。

また、クジラの詳細な科学的考証と捕鯨技術の丁寧な描写によって、当時の捕鯨に関する資料にもなっています。

 

最後に

いかがだったでしょうか。
アメリカ文学は自由を重視する気風や、比較的新しく独立したという背景から、西洋的な歴史や伝統とは違った新しい文学形態を生み出してきました。

もし、興味をもって手に取っていただけましたら幸いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です