英語力大丈夫?アメリカに行く前に覚えておきたい、通じない和製英語25選

スポンサードリンク


「英語話してるのに、伝わらないのなんで??」

「どこが間違ってるかわからない。」

海外に行ったさい、こんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。日本で覚えた英語が海外で伝わらないのは、ずばりカタカナ英語を覚えてしまっているからなんです。

そこで今回は、海外では使えないカタカナ和製英語を25個ご紹介していきます。

通じないカタカナ英語をまとめた本もあります。

 

①生活編

海外で生活する上で欠かせないのが英語です。そして私たちが普段何気なく使っている英語のほとんどがカタカナ英語と呼ばれる和製英語。

海外に行ってより良い生活を送る為にも、行く前にここで知っておけば困る事も少ないはずです。では、普段私たちがそんな和製英語を使っているか見て行きましょう。

アパート

正解:apartment house

マンションに住んでいる場合は、「mansion」ではなく「apartment」か「flat」を使いましょう。外国人に「マンションに住んでる」と言うと、大豪邸に住んでるいる金持ちと思われます。

エアコン

正解:air conditioning

ただこれは、アメリカに限った事かもしれません。フィリピンとニュージーランドでは通じました。

ホームシック

正解:homesickness

ホームシックだけだと伝わらないですが、気持ちは察してくれます。ですが、覚えておいて損はないので「homesickness」、覚えておきたい所です。

ペーパードライバー

これに当てはまる英語がないので難しいです。相手に伝える時は、「I have a license but I’m begginer’s driver」でOKです。

サイン

正解:signature

署名や契約する時に使うのは、「signature」が一般的です。他にも、入国審査やクレジットカードの支払いなどにも使います。「サイン」は、町にある看板や標識に使われます。

芸能人にサインをもらうのサインは、「autograph」です。

ポスト

正解:mail box

「ポスト」は柱を意味し、電信柱や街灯などに使われる事が多いです。

ホッチキス

正解:stapler

文房具類はよく使うので、知らないと割と恥ずかしいです。ホッチキスは、発明者であるホッチキスさんからきてます。

マジックペン

正解:marker

マジックペンと言っても伝わりません。細いことですが、文房具シリーズは間違いやすいので押さえておきましょう。

ガソリンスタンド

正解:petrol stationまたはgas station

アメリカでは後者を使います。

アンケート

正解:questionnaire

めったに使う機会はありませんが、レストランなどで質問や調査に協力してほしいと頼まれる事があれば この事と思っていいでしょう。

レジ

正解:cashier

もともとレジは「register」からきており、お金の記録や管理をしている機能の物を指します。「レジ何処ですか?」とアメリカ人に尋ねると「金庫どこ?」と変に勘違いされてしまうので注意しましょう。

タクシー

正解:cab

タクシーは和製英語ではないですが、アメリカではタクシーをcabと言います。街中でよく見る黄色のタクシーは「yellow cab」と言います。

ビーチサンダル

正解:flip flop

海外で生活するまで通じると思っていましたが、全く通じずに驚きました。跳ねるという意味の「Flip」、落ちるいう意味の「flop」と言う所から来ているそうです。

ドライヤー

正解:hair dryer

ドライヤーだと、乾燥機を指すので驚かれます。

電子レンジ

正解:microwave

旅先でお世話になる事も少なくないので、押さえておきたいポイントです。温める際に、マイクロ波を通す事から由来されています。

スポンサードリンク

②仕事編

こちらは現地で働くにはおさえておきたいポイントです。仕事となると、緊張感も違いますがアメリカは、フランクな人が多いので日本の企業ほど緊張はしないと思います。ですが、やはり間違えたら恥ずかしいので覚えて置いて損はないです。

アルバイト

日本はアルバイトやパートと区別して使いますが、海外ではこのような概念がないです。短時間労働者を「part time job」と呼び、フルタイムで働く人を「full time job」となります。

ミス

正解:misstake

「間違えた」や「失敗した」で使うのは「misstake」です。「miss」は「見逃す」を意味するので、ややこしくなってしまいます。

オーエル(OL)

正解:an office worker

これは、オフィスで働く人を意味するので、男性にもつかいます。

サラリーマン

正解:businessman

「サラリーマン」というより、「ビジネスマン」の方が一般的です。また、「サラリーマン」は給料をもらう人の意味なので、職業名をつけると伝わります。例えば、「a salesman」や「an engineer」など。

クレーム

正解:complaint

本来、主張すると言う意味で使うので、日本でいうクレームは「complaint」が使われます。

フロント

正解:receptionまたはfront desk

ホテルなどの受付を指す時に使います。フロントと言うと、正面玄関だと勘違いされてしまいます。

ホリデー

正解:vacation

ホリデーも正解ですが、こちらはイギリス英語なのでアメリカでは通じません。

 

③食べ物編

単語を知らなくても生活に困る事はありませんが、注文して違う物が出てきたら悲しくなりますよね?「食べ物」に関しては避けては通れないテーマなので、ここで覚えて自信を持って注文してみましょう!

アイスコーヒー

正解:iced coffee

ほんのちょっとの違いなんですが、これが意外と通じません。喉が渇いて一服したい時に、通じないとイライラしますし、相手も「何を言っているんだコイツは!」と思われます。

ミルクティー

正解:tea with milkまたはwhite tea

ミルクティーとニュアンスは合っているんですが、ややこしいですね。

フライドポテト

正解:french fries(アメリカ)、chips(イギリス)

フライドポテトでも意味的には察してもらえますが、僕たちが想像する細長いフライドポテトではなく、ハッシュドポテトが出て来るかもしれません。 ちなみにアメリカで『chips』と言うと、スナック菓子のポテトチップスと勘違いされます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

「今までなにも違和感なく使ってた単語ばかりじゃん。」と思った方も多いと思います。

これを機にしっかりとした英単語を覚えて、いざアメリカで使ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です