アメリカ旅行に行くならこのカードを使用せよ!必携のクレジットカード5選

アメリカ旅行をご検討中のみなさん、こんにちは!

いや〜うらやましいです!アメリカへの旅行!日本にはない魅力がたくさん詰まった土地、ぜひ楽しんできてくださいね^^

さて、そんなアメリカ旅行にはクレジットカードが必須!ってご存知でしたか?

実は…

  • アメリカはカードでの決済が当たり前
  • 円→ドルへの為替には手数料がかかる!
  • 現金を持ち歩く旅行客を狙ったスリが多発中

こんな理由から、アメリカ旅行にはクレカが必須となっています。

また、カードを持っていくことで

  • 現地でお得に楽しめるサービスが多数!
  • いざという時には安心のサービスが受けられる
  • 帰ってきてからも貯まったポイントでお得に過ごせる♩

と、メリットがたくさんなんです!

しかし、クレジットカードは今や数え切れないほどの会社が発行しており、ブランドや特徴もさまざま。どこのカードをつくればいいの?と疑問を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、「アメリカ旅行に行くなら必携!」のカードをピックアップ。筆者がアメリカ旅行に行って実際に使ってみた経験も織り交ぜて選びました!これをもって、ぜひアメリカ旅行をさらに楽しんでくださいね♩

 

年会費無料でコスパ良く持てるカード編

1、無料なのに補償が手厚い♩エポスカード

第一弾は「エポスカード」!みなさんに馴染み深いこの「エポスカード」、実は海外旅行にもとっても強いのです。それが「補償部分」!

補償内容

傷害(ケガ)治療費用:最大200万円まで補償
疾病(病気)治療費用:最大270万円まで補償

海外でケガや病気をしたとき、高額な医療費がかかることはみなさんもご存知でしょう。その時にかかったお金は、「エポスカード」なら270万まで補償してくれるんです!(病気治療の場合)これは、無料で作れるクレジットカードの中ではトップクラスの補償額!

また、24時間日本語で対応してくれる「緊急医療アシスタンスサービス」もついており、何かあった時も安心です。こちらに連絡すれば、補償額まではキャッシュレスで治療を受けられるのも嬉しいポイントです。

さらに、これらのサービスは全て自動でついてきます。ですので、旅行に「エポスカード」を一緒に持っていくだけでOKなんです。
年会費は永年無料ですから、カードを作るにあたってのコストは一切かかりません。これはもっておくしかない!

2、ポイント還元率に定評!楽天カード

続いて紹介するのは「楽天カード」。CMでもよく見かけますので、すでにお持ちの方もいるかもしれませんね。



「楽天カード」の強みは、何と言っても「ポイント還元率」です!還元率1%なので、100円で1ポイント貯まります。現地でのショッピングやお土産の購入などで、ザクザクポイントを貯められます!
旅行中の補償の部分も、ケガの治療/病気の治療共にそれぞれ200万円まで補償されるのが魅力。ただし、「楽天カード」の弱みはこの補償を受けるための条件がある点です。

それは、「日本を出国する前に」「自宅から空港までの交通費or航空券やホテル代を」「楽天カードで決済する」こと!これを忘れてしまうと、旅行中何かあっても補償を受けられません。1円以上の決済さえしていればOKなので、お忘れなきよう!現地のお買い物だけでなく、旅行代金も「楽天カード」で決済しておけば、補償を受けつつポイントも貯められるのでおすすめです!

もちろんこちらも年会費は無料で、入会すると早速ポイントがもらえるキャンペーンもあるのでぜひ作っておきたい1枚です。

3、JCBカード

こちらについては、単体ではなく他のカードとのあわせ持ちをオススメします。なぜかといえば、JCBは日本のブランドのため、海外では使えないお店もよくあるからです。
それでもやはり、JCBカードをプラスで持って行った方がよい理由としては以下の3点です!

①現地で日本人スタッフが対応するラウンジを無料利用できる(※ホノルル、ロサンゼルス、グアム)

→何かあった時に頼れるのはもちろん、ラウンジでは無料でWi-Fiが使えたり、ドリンクが飲めたりと何かと便利な場所なんです☆旅行雑誌なども置いてあるので、それを見ながらスタッフさんに観光先を相談したりもできちゃいます♩

②LINE@で旅行中のさまざまな相談に対応してもらえる(※アメリカ本土のみ)

③ハワイではJCBカードを見せるとお得なクーポンブックがもらえるお店も

→ハワイに行ったら絶対行ってほしい「ワイケレ・プレミアム・アウトレット」でこのサービスが受けられます。このクーポンブックを使うことで、かなりお得にブランド品が手に入ります。筆者は1万円ポッキリでお目当のkate spadeのカバンを手に入れました…。

などと、カードを持っているだけでこんなにお得なサービスが受けられちゃうからなんです。特にハワイに旅行される方は、JCBカードは必携です!ただし、使用できるお店が限られていることとあわせ、補償の面でもこれ一枚だとやや不安です。エポスカードや楽天カードと合わせて持っていくのが良いでしょう。

39歳以下の方なら、年会費永年無料のJCB Wカードがおすすめです!

40歳以上の方は、一般カードを利用するのが良いでしょう♩初年度は年会費が無料。次年度以降も条件クリアで無料で使えます!

 

海外旅行をより楽しめるカード編

ここからは、海外旅行をさらに楽しめるサービスがついたカードをご紹介します!年会費以上のサービスで、リッチな気分を味わえること間違いなしです♡

4、ポイント+ラウンジ無料利用でリッチに!楽天プレミアムカード

「楽天プレミアムカード」は、(2)で紹介した楽天カードをグレードアップしたもの。年会費は10,800円(税込)とややお高めですが、その分サービスが充実しているんです!



①旅行中の補償がグレードアップ!

楽天カードではケガの治療/病気の治療共にそれぞれ200万円までの補償でしたが、「楽天プレミアムカード」はそれぞれ300万円までの補償にグレードアップ!さらに、通常の「楽天カード」ではこの補償を受けるための条件がありましたが、「楽天プレミアムカード」では自動付帯。旅行にカードを持っていくだけでOKです!補償をしっかりと持っておきたい方にオススメです。

②空港のVIPラウンジが無料で使える!

皆さんは「ラウンジ」を利用したことはありますか?最近、TVでも空港ラウンジの特集を目にする機会が多くなったので、ご存知の方も多いかもしれません。「ラウンジ」では、静かでスタイリッシュな空間の中、ドリンクや軽食を無料で楽しめたり、雑誌や新聞を読みながらゆったり搭乗までの時間を過ごせたりと、上質な時間を過ごせます。旅行をより楽しめてしまう場所なんです!(空港ラウンジの魅力については、ぜひ検索してみてくださいね)

そして、このラウンジ、基本的には有料もしくは限られた方のみが利用できるのですが、この「楽天プレミアムカード」を持っていると…国内の主要空港のラウンジはもちろん、通常はファーストクラス利用者など、高級会員限定のVIPラウンジも無料で利用可能なんです!せっかくのアメリカ旅行、空港で過ごす時間も特別なものにしたい方は、ぜひ「楽天プレミアムカード」を持つことをオススメします!

もちろん、買い物でポイントも貯まります。ポイント還元率のよさは、「楽天プレミアムカード」でも変わりません!海外で楽しくショッピングをしたら、ポイントがザクザク貯まっている…!帰ってきてからも嬉しいですね。

5、海外旅行での威力バツグン!「アメリカン・エキスプレス」

アメックスは絶大な信用力を誇るクレジットカードのひとつです。こちらも年会費は12,000円(グリーンの場合)とややお高めですが、それ以上のサポートやサービスを受けられます。

まず、「グローバル・ホットライン」という、24時間日本語対応の電話サービスを利用できるのが、アメックスの嬉しいところです。こちらは緊急時の相談はもちろんですが、現地でのレストラン等の予約など、旅行をさらに楽しむためのサポートデスクとしても利用できます。

また、「アメックス」も空港ラウンジを無料で利用できます。しかも、同伴者も1名まで無料!さすが「アメックス」です。これならお友達や恋人との旅行で、より上質な時間を楽しめますね。

また、空港ー自宅間の「手荷物無料宅配サービス」や、購入品の破損、盗難を500万円まで補償してくれる「ショッピングプロテクション」といったサービスも充実しています。

ただし、ケガや病気の治療費の補償額はやや低め(最高100万円まで)。補償額が200~300万円台のカードとあわせ持つことをオススメします。

 

まとめ

アメリカ旅行にはこれらのカードもご一緒に!

アメリカ旅行に必携のカード5選をご紹介しました。各カードそれぞれ特徴がありますので、欲しい部分やお好みにあわせて作ってみてくださいね♪ちなみに、ケガ/病気の治療費の補償額は基本的に合算できます!

なので、ご紹介した5つのカードのうち複数枚組み合わせて持っていくのがオススメです。今回ご紹介したカードで、より楽しいアメリカ旅行になることを心よりお祈りしております!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です