【オススメ】ハワイに行くなら絶対に食べたいソウルフード4選!

自然が豊かで穏やかな気候が自慢のハワイ。特にオアフ島は日本語も通じやすく、観光スポットも周りやすいので、短めの滞在でも十分楽しめるエリアです。特に、ハワイの食事はアメリカンフードが充実していて、日本人の口にも合う味付けなので何度でも食べたくなるおいしさです。

ここでは、ハワイのオアフ島にいったら絶対に食べておきたい、定番のアメリカンフードをご紹介していきます。


スポンサードリンク



 

見た目も味もゴージャスな「パンケーキ」

日本で女性の間で大人気の「パンケーキ」。日本でのパンケーキブームはいまだに衰え知らず。パンケーキは、日本のいわゆる「ホットケーキ」と違い生地が薄く、甘さ控えめなので、トッピングなど自由に味付けを楽しめるのが特徴です。

ハワイには、毎年のようにパンケーキで勝負をするお店がオープンし、競争も激化しているようです。

日本でパンケーキと聞くと、バターやハチミツを乗せたシンプルな食べ方をイメージする方も多いと思います。

しかし、ハワイのパンケーキは、自分の好きなトッピングをパンケーキの上にたっぷり乗せるスタイルが主流です。お店によっては、ジャムやチーズ、フルーツ、そして山盛りのホイップクリームをたっぷり乗せたりと、どのお店も個性を出そうとしています。



インスタ映えもアメリカでは流行っているので、見た目もゴージャスなパンケーキが楽しめますよ♪

私は日本でも有名なパンケーキのお店、「エッグスン・シングス」のワイキキ店に行ってきました。日本にパンケーキブームを引き起こしたお店です。朝食としていただいたのですが、沢山のホイップクリームが乗ったパンケーキとコーヒーがマッチしてて朝から幸せ気分たっぷりでした!お店は朝から行列ができるほど混んでいるので、すぐに持ち帰れるテイクアウトにして目の前のビーチでパンケーキを食べるのもおすすめですよ。

店舗情報

■店名 Eggs ‘n Things

■住所 343 Saratoga Road, Honolulu, HI 96815

■営業時間 6:00~14:00/16:00~22:00

■参考リンク https://eggsnthings.com/

 

アメリカのママの味「マックアンドチーズ」

アメリカのおふくろの味は?とアメリカ人に聞くと良く出てくるのが「マックアンドチーズ」。マックアンドチーズとは、マカロニ&チーズという意味で、19世紀ごろに考案されたアメリカのソウルフードです。材料もマカロニとチーズ、バターのみなので、野菜嫌いな子供たちに絶大な人気を誇ります。少しジャンクで病みつきになる、そんなマックアンドチーズは、ハワイのお店でもいただけます。

私は、実は海の見えるバー「RUMFIRE」にて、お酒と共にマックアンドチーズをいただきました。クリーミーなチーズがお酒に合うように濃い味付けになっていました。ワイキキビーチの爽やかな風を感じながら、美味しいお酒をいただけるお店で、ちょっとジャンクなフードでアメリカンな夕方を過ごすことができました。

店舗情報

■店名 RUMFIRE

■住所 2255 Kalakaua Ave., Honolulu, HI 96815

■営業時間 11:30~23:30(sun-thu)/12:00~25:00(fri.sat)

■参考リンク http://www.sheratonwaikiki.jp/rumfire.htm


スポンサードリンク



日本では食べられない部位も!?「ステーキ」

日本でも、アメリカでも大人気の「ステーキ」。アメリカはもちろん、ハワイでもステーキは、現地の人のいわゆる「ソウルフート」です。日本でいただくステーキと違って、アメリカで食べるステーキは分厚く、豪快に食べる方法が主流。中でもハワイは、ステーキのメッカであり、味、質ともにレベルが高いお店が沢山あります!

また、アメリカで食べられるステーキは、日本と違った部位が食べられます。「Tボーン」という骨付き肉、あばら部分の「リブアイ」、一頭の牛からとれる量が少ない脂が少ない「フィレ・ミニョン」など、比較的リーズナブルな価格でいただけます。

私は、ワイキキビーチ沿いにあるホテル「Outrigger Reef Waikiki Beach Resort」にある「The Reef Bar & Market Grill」というお店でリブアイステーキをいただきました。甘辛のソースが絡めてあり、いくらでもビールが進む美味しさ!

ぜひ、一度は美味しいアメリカンビーフをおなか一杯味わってみてください。

店舗情報

■店名 The Reef Bar & Market Grill

■住所 2169 Kalia Rd Honolulu, HI 96815

■営業時間 7:00~11:00/11:30~15:00/17:00~22:00

■参考リンク https://www.reefbarandmarketgrill.com/

 

朝の定番!ヘルシーな「アサイーボウル」

ハワイの朝食に欠かせないのが「アサイーボウル」。

アサイーボウルとは、アサイーというベリーのような果物と豆乳で作ったスムージーに、グラノーラやフルーツなどをトッピングしたブラジル発祥のスイーツ。ハワイのカフェで提供されるようになったのをきっかけに、世界中で注目をされるようになったそうです。

また、アサイーは、鉄分やポリフェノール、ビタミンEなどが豊富で、スーパーフルーツと呼ばれています。

ちょっとさっぱりとしたものが食べたい朝ごはんやおやつにもおすすめです。

私が行ったのは、アラモアナショッピングセンターに入っている「Blue Hawaii Lifesytle」というお店。バナナ、ベリー、ハチミツ、グラノーラがトッピングされていました。こちらのお店、以前に地元の新聞で「ベストアサイーボウル」賞を受賞したことがあるとか。

ハワイのアサイーボウルは、レギュラーサイズでもかなりの量があるので、2人でシェアするのもおすすめです。

店舗情報

■店名 Blue Hawaii Lifestyle

■住所 1450 Ala Moana Blvd Honolulu,HI 96816

■営業時間 8:00~21:00(mon-sat)/10:00~19:00(sun)

■参考リンクhttps://www.bluehawaiilifestyle.com

もっとハワイの食べものについて気になった人はこちら。

 

ハワイは美味しいものの宝庫です!

以上ハワイで食べておきたいアメリカンフードをご紹介しました。

日本でもハワイの食べ物は有名ですが、日本の口に合うようにアレンジされていることもあり、現地で食べると一味違った新鮮さ、豪快さを味わえるはずです。

また、アメリカの本土とも違ったトッピングや食べ方もあり、現地でしか楽しめないローカル感が魅力でもあります。

ぜひ、ハワイで食事をする際に参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク



スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です