アメリカ人てどんな恋愛するの?

よくアメリカの恋愛と日本の恋愛は違うと言いますが、何がどのように違うの?と思いますよ
ね。日本ではカップルになる時、告白をして、お互いの気持ちの確認をして付き合い始める流れが
一番メジャーですが、アメリカはそうではないのです。
恋バナで盛り上がるのはどこの国も共通!笑 アメリカに留学していた頃は、恋バナで夜が明ける
なんてこともよくありました…文化が違えば、恋愛観も違うもの。いまだに理解が難しい部分も
ありますが、ここが違うということを知っているだけでも、多少は理解につながるはずです。
今回は、実体験も含め、アメリカ人の友達と話していて、個人的にキーワードだと思うワードが4
つあるのでご紹介します。
①Talking②Dating/Seeing③DTR④Commitment
この4つのキーワード、真剣度が増していく順に並んでいます。
どの様な段階を指すのか、一つ一つみていきましょう。
①Texting/Talking
バーで会って連絡先を交換した、もしくは友達の中でもよく会って話す、よくLINEする、くらい
の関係です。
余談ですがアメリカの場合、連絡先を交換するときは、Phone numberを聞き、SMSでメッセー
ジを送り合うのが一般的です。日本だとLINEのIDを渡すのが一般的かもしれませんね。
デートのようなお出かけにはいかないけど、今日あった出来事を話したり、愚痴を言い合ったり
と、コンスタントに連絡を取ると行った状態。もともと知り合いだった場合は、お互いまだ意識
はしていないけど、普通の友達よりは頻繁に連絡とるなあ~と気づいてはいる、友達の中でも少
し特別、といった感覚でしょうか。
②Dating/Seeing
おそらくここが日本人にとって理解が難しいところかと思います。
アメリカの恋愛にはお試し期間があるんだよと聞いたことがあるかもしれませんが、それがまさ
にこの段階と言えるでしょう。日本で”付き合ってる”=一人、つまり他の人と関係を持つと二股と
言われますが、アメリカの”Dating”は他にデートを重ねている人がいてもいいのです。最初に
Dating/“Seeing”と書いたのはそのためです。ほぼ同義語で使われますが、Seeの意味は見る、会
う。よく会う人がいる、候補として見ている人がいる、と語源から考えると、Seeingの方が感覚
を掴みやすいのではないでしょうか。正式に一人恋人を選ぶ前に、デートに行ったり、体の関係
を持ってみて、お互いの相性をはかるというなんともアメリカらしい効率重視な考え方笑 これ
を、付き合ってから相性の不一致で別れることはないから効率的で良いと思うか、自分の他に複
数人とデートしているのが耐えられないと思うか…
複数人とデートするのが許されるのは、この段階ではまだ”正式な”彼氏彼女の関係ではないからな
のです。
③DTR
DTRとはDefine The Relationship、つまり、関係を定義づける、はっきりとさせるという意味で
す。付き合う㲈関係をはっきりさせるという意味でいうと、日本の恋愛における付き合う、はDTR
が当てはまるかと思います。ここまできて彼氏彼女の関係が公式になります。お互い他に会ってい
る人いないよね?Datingしてみて、お互いしっくりきてるよねと確認をします。Facebookなど
で、In a relationshipというポストを見かけたことはありませんか?周囲にこの人が私の恋人です
と堂々と宣言をしたり、パーティーに連れて行き、友達に恋人として紹介し始めるのもDTRの後
が多いです。アメリカのWebメディアやまとめサイトで、”いつDTRすべきか”、”DTRをどう切り
出すか”というタイトルの記事がたくさんあるほどなので笑、これは一つ大きなステップと言える
でしょう。
④Commitment
ここまでくると真剣交際になります。お互いがコミットする関係。誠実さと愛を持って付き合う
ということです。
アメリカ人はI love youとすぐに言うイメージがあるかもしれませんが、むしろ逆。
アメリカ人にとって、パートナーにI love youと伝えるのはとても勇気のいる大きなステップなの
です。結婚を意識したり、この人が運命の人と思わないと言えない、言わないものなのです。
よくアメリカ人は愛してるとたくさん伝えてくれると聞くかもしれませんが、それは真剣交際が始
まってからのこと。夫婦間や婚約者同士になるともちろんしっかり伝えてくれますが、軽々しく
言える言葉ではないということは、理解しておくと良いでしょう。
アメリカの恋愛観についてご紹介しましたが、これはあくまで一般論です。ご存知の通りアメリカ
は人種のるつぼ。様々な文化圏から人が集まれば、恋愛観ももちろん様々。正しいステップをこ
の通りに踏んでいくことよりも、お互い価値観を尊重し合って、一番しっくりくる形で、恋愛を楽
しむのが何よりも大切です。
私たちが無理にアメリカ式の恋愛に合わせる必要も、アメリカ人のパートナーが日本式の恋愛に
合わせる必要もないのです。自分の文化圏の恋愛観を共有し、二人にフィットする方法で、関係を
深めていくのが理想的ではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

sato

このブログの管理者。前職はIT企業でSEとして働いていた。 旅行でアメリカに行ったのがきっかけで、2018年8月にこのブログを立ち上げた。