【節約可能!?】留学生が教えるアメリカ留学に必要な費用とその内訳を公開!

スポンサードリンク


みなさんは留学にどれくらいの費用が必要か知っていますか?今の時代、海外のことを知っていないと生き残っていけないといっても過言ではありません!

しかし、いざ留学するとなると、「留学ってどのくらいお金がいるの?」「子どもには留学させたいけど費用が…」「奨学金とかあるの?」などなど、お金のことはいろいろと心配ですよね?

今回の記事では、アメリカ留学に必要な費用とぜひ利用したい奨学金をご紹介します!

 

アメリカ留学に必要な総費用とその内訳

アメリカ留学に必要な費用は、どのような留学形態で行くかによって違います。具体的には、語学留学・交換留学・私費留学です。

私費留学とはすべての費用を自分で出して行く留学のことをいい、語学留学も私費留学の一種なんですが、ここでは私費留学=学部など現地学生と一緒に授業を受ける留学、ということで話を進めていきます。

各留学に必要な総費用は、語学留学(3ヶ月)で90〜150万円、交換留学(1年)で200〜350万円、私費留学(1年間)で400〜500万円くらいかかります。留学形態によって大きな差があり、その内訳の値段も変わってきます。

各留学に必要な1年間の総費用は、以下の通りになります。

留学の種類 費用(1年間)
語学留学 360〜500万円
交換留学 200〜350万円
私費留学 400〜500万円

留学形態によって大きな差があり、その内訳の値段も変わってきます。しかし、内訳項目としてはほぼ同じで、主に以下の費用がかかります。

  1. 学費
  2. 住居費
  3. 生活費
  4. 渡航費

それでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

 

アメリカ留学の学費

学費が留学形態によってもっとも大きく左右される項目です。

語学留学

語学留学の費用は、学費や住居費など必要な費用をすべてコミコミ価格で「プログラム費用」としてエージェントから請求されることがほとんどです。プログラム費用は一般に300〜450万円(1年間)くらいがほとんどです。

留学する学校や地域によっても違うのでいくつかのエージェントや語学学校を見比べてみることをおすすめします。

交換留学

交換留学の学費は、100〜150万円(1年間)くらいです。交換留学の場合、交換で日本に来る外国人学生が向こうの大学の学費を払っているので、自分は日本の大学の学費を払っておけば、留学先の学費は払わなくてもいいところが多いです。

なので、留学中に必要な費用は、ご自身が通われている大学の学費だけでいいということになります。万が一、留学先の学費を負担することになれば、私費留学と同じくらいは掛かります。

私費留学

私費留学の学費は、300〜400万円(1年間)くらいはかかります。アメリカの大学の学費は高く、それを全部自分で払うことになるのでこれくらい覚悟しておいた方がいいですね。

 

アメリカ留学の住居費

アメリカに留学する場合、住むところは寮かホームステイのどちらかがになることがほとんどです。寮の場合ですと、1年間で80〜90万円くらいはかかります。ホームステイだと食事代等も含まれているので、110〜120万くらいです。

「結構高いな〜…」と思った方、安心してください。住居費は節約できます!アメリカの場合、ルームメイトと生活する「ルームシェア」をすることが多いです。こうすると比較的値段も安くなります。その上、ルームメイトと喋るので英語の向上にもつながり一石二鳥です。

 

アメリカ留学の生活費

生活費とは、食費・交遊費・消耗品代など生活にかかる諸費用で、だいたい年間25万円前後です。生活費の中でいちばん多くの割合を占めるのが食費です。

しかし、これも節約することができ、日本にいる頃から自炊や作りおき術を練習しておけば食費を抑えることができます!留学中は料理をするのがめんどくさくなったり、友達と外食が多くなったりしますが、そこをがんばって節約しましょう!

スポンサードリンク

アメリカ留学の渡航費

当然のことながら、アメリカ留学に行くには渡航費がかかってきます。渡航費とは何も飛行機代だけではありません。飛行機代に加えて海外保険代・ビザ申請代なども渡航費に含まれます。

飛行機代だけでだいたい10〜20万円、海外保険代で20〜30万円、ビザ申請代で3万6千円です。これらを合計すると、渡航費全体で30〜50万強になります。

ここはあまり節約できないのと、節約のために保険代を安いプランにしすぎても、万が一の時に心配です。渡航費は余裕を持った留学計画がいいでしょう。

3ヶ月間ほどの留学でしたらクレジットカード付帯の海外旅行保険も使えます。クレジットカードの保険は1枚分の保険内容で不安な場合は、複数持つことで補償上乗せできるのも便利です。

年会費無料のクレジットカードのなかでおすすめなのは、『エポスカード』と『三井住友VISAカード』です。補償額も充実しており、年会費無料なので学生でも持ちやすいカードです。

 

アメリカ留学に使える奨学金!

ここまでの記事を見て、費用の高さにゾッとした方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、アメリカ留学で使えるとっておきの奨学金をご紹介します!

トビタテ留学JAPAN

トビタテ留学JAPANは文部科学省が実施しているプログラムで、全国の高校生・大学生・大学院生のグローバル育成を目的としています。渡航費や学費を始め留学にかかる費用の一部を支給してくれます

支給なので、返済不要なのも嬉しいポイントです!

フルブライト

日米教育委員会が実施しているプログラムで、大学院生などを対象にしたプログラムが豊富です。最近では、アメリカの大学で日本語を教えながら、自分の英語スキルをあげるようなプログラムもあります。留学前にぜひチェックしてみてください!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

アメリカ留学に必要な費用は、留学形態によって変わります。しかし、どの留学で行くにしても多大な費用がかかることに変わりはありません。また、ギリギリの資金しかなく渡米すると、途中で資金不足になって強制帰国なんてこともありえます。

奨学金など資金援助をしてくれる団体もたくさんありますので、留学資金は余裕を持って計画を立てましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です