アメリカ行くならこれ買っとけ!Must haveなファッションアイテム

これからアメリカに留学に行く方、働く方、旅行に行かれる方、いろいろな目的を持ってアメリカに行かれるかと思いますが、生活をする上でキーとなるのがファッションです。

とはいえ、文化が違うとファッションも違うもの、何持っていけばいいの?という方も多くいるかと思いま
す。

もちろん自分が着たいと思う服、自分の個性を表現できる服が一番良いのですが、アメリカ流のおしゃれで、現地に溶け込みたいというかたもいるのではないでしょうか?

アメリカでは互いのファッションを褒め合う習慣があります。

道を歩いているときに、I like your shoes!と知らない人に言われたり、カフェの店員さんに「I like your nails!」と言われたり。

そのくらいファッションは大事で、逆にいうとそれだけ話のネタとしても使えるんです。筆者はアメリカの大学で1年間留学をしていました。

今回は主に、アメリカの女子大生が、実際にどのような服を着ていたかをもとに、これを持っておけば安心というアイテムをいくつかご紹介いたします!


スポンサードリンク



 

1. Mom jeans

このワードを聞いたことある方はいらっしゃいますか?

Mom jeansといって、その語源は、ハイウエストな、まるでmom(ママ)が着るような少しゆるっとしたシルエットのデニムにあります。

元は1980年代から1990年代に流行したスタイルのデニムなのですが、ここ最近また流行が巡ってきています。ZARAやH&Mによく行かれる方は見たことがあるかもしれません。

みなさんがイメージされている通り、デニムはアメリカ流ファッションの肝。デニムのシルエットや、ベルトやネックレスなどのアイテムの合わせ方で自分らしさを出している方が多いです。

シンプルだからこそ、遊びがいがあり、その人のセンスが色濃く現れるのかもしれませんね。

日本でもトレンドではありますが、シャツをTack inしてすっきりまとめるのが、アメリカ流!これ一本持っておけば、学校に行くときも、友達とちょこっとお出かけするときも困りません。

 

2. Oversized T-shirts(sweatshirts)

ダボっとした大きなTシャツのことです。

特にアメリカの大学内でよく見かけるのですが、このおおきなTシャツの下に、レギンスを履いたり、短い丈のスポーツショーツを履くのがアメリカの女子大生ファッション。大学の名前が入ったTシャツや、FraternityやSorority(社交クラブのようなものです。気になった方は調べてみてください!)が自分たちで作っているTシャツなどを着ている人も多いです。

冬になると今度はみんなOversized sweatshirtを着出します。

ZARAや、H&Mのメンズラインでも、可愛いOversized T-shirtがゲットできるので、アメリカに行く前に一枚買っておいてもいいかもしれませんね!

 

3. Black skinny Jeans

黒のスキニーデニムはマスト!ベーシックなアイテムなので、持ってる方も多いとは思いますが、最近はゆるっとしたシルエットのボトムスがトレンドの日本。黒いスキニージーンズを持っていな
いという方も意外といるのでは?

この黒いスキニージーンズにシンプルなニットを合わせるのが、冬の装い。黒スキニーを持っていないアメリカ女子を見たことがないくらいの必須アイテムです。ハイウエストだと、足長効果が倍
増なのでおすすめ。


スポンサードリンク



 

4. Leggings

これが一番日本の文化的に馴染みのないものだと思います笑。

ジムに通う方、ランニングをする方は親しみがあるかもしれませんが、ぴったりとしたスポーツタイツを想像していただければなんとなくわかるのではないでしょうか。

このレギンスを単体で履くのには抵抗があるかもしれませんが、アメリカでは、スキニーデニムを履くのと同じように、みんな普通に履いているのでご心配なく。

男女問わずジムに通う人が多いことも関係していて、毎日通うから運動できるような動きやすい服装がいいけれど、せっかく着るのならスタイリッシュに決めたいところ。

写真はシンプルな無地の黒のレギンスですが、横にラインが入っているタイプや、所々メッシュ加工がされているもの、AddidasやCalvin Kleinからもレギンスは発売しているので、手に入れてみてください!本当に動きやすいし、特に黒ベースのレギンスは脚も細く長く見えるのでおすすめ。

スニーカーでスポーティーにまとめるのがイマドキルック。

 

5. Dress

アメリカ人は普段Tシャツやデニムでカジュアルに決めますが、バーやクラブにお出かけするときにはバッチリメイクもして、しっかりドレスアップします!

高いものを持って行く必要はありません。ZARAやH&M、American Eaglesなどのお手頃な海外ブランドショップでゲットできちゃいます。アメリカにも可愛いドレスがたくさん売っているので、もちろん現地調達するもよし!

特に地元のセレクトショップには、その地域の雰囲気に合わせた、可愛いドレスが売っています。

ただ、お買い物をしに行く時間もないまま、ウェルカムパーティーを開いてくれたり、パーティーにお呼ばれされる可能性もなきにしもあらずなので、ドレスを一つ持っておくと安心です。

 

6. Blouse

こちらも一番最初にご紹介したMom jeansと合わせるに持ってこいのアイテムです。

お休みの日に友達とカフェに行ったりショッピングに行ったり、フェミニンなブラウスとデニムを合わせてガーリーにしすぎないのがアメリカ流。

写真はあくまで一例で、無地のもの、ドット柄など色々なものがありますが、デニムと合わせるなら、少しフェミニンなシルエットや柄のブラウスが重宝するかもしれませんね。

フェミニンなブラウスは日本のアパレルブランドでたくさん可愛いものが売っていますよね。

日本で売っているようなブラウスはアメリカではあまり売っていなかったりするので、持って行くと良い話のネタになるかもしれません!


スポンサードリンク



 

まとめ

いかがでしたか?

あ、これ持ってない、というアイテムも意外にあったのではないでしょうか?

私も実際にアメリカに行って、持っておくべきだなと思って、現地でこれらのアイテムを買いました。写真はあくまで一例なので、着ていて自分らしいと思えるものを探してみてくださいね!

みなさんがAmerican girlsと素敵なファッショントークができますように!

スポンサードリンク