【長期留学者必見】留学経験者が本当に必要だと思った、留学に必要な6つこと

アメリカへの留学、ワクワクしますよね。短期間の留学なら我慢できることもありますが、中期長期の滞在となると、現地で簡単に揃えられないものは持っていかなければストレスの原因になることも。

今回は、中期長期留学をする方が必要な持ち物リスト【基本編】【ファッション編】【生活編】の観点で、1年のカリフォルニアでの留学経験のある私がアドバイスします!


スポンサードリンク



 

これが無ければ生きていけない!【基本編】

パスポート・留学ビザ・保険類

基本中の基本です。これが無ければアメリカに入れません。ビザの申請は日本においてアメリカ大使館などを通じて行います。

留学をする方にとっては初めての関門になるかとは思いますが、このような手続きはアメリカにて一人で生活していくのに必要なこと。書類作業や人に聞くなどして準備もしっかり行いましょう。

保険も、留学向けの長期の保険があるので、何かあったときに安心です。日本にいるうちに入っておきましょう。

メガネ・コンタクトレンズ・薬

アメリカではメガネは買うことはできますが、モールや百貨店で自分の顔に合うメガネを米国に来てすぐ作るのは労力がいります。

また、日本で近年はやっている1万円以下の眼鏡はアメリカではあまり見かけません。

自分に合ったメガネをリーズナブルな値段で探すのには日本の方が断然敵に都合が良いので、メガネは日本で準備しておくとよいでしょう。

同様に、コンタクトレンズもアメリカで買うには手続きも煩雑。

日本でさえお医者さんに行って、コンタクトレンズ屋さんでアドバイスを受けて買って・・・と購入に時間がかかるので、もし揃えられたら1年分のコンタクトレンズを揃えておきましょう。

薬については、風邪薬や胃腸薬は、普段からの見慣れているものを多く持っていくと良いでしょう。

持病のある人はあらかじめ、日本のかかりつけの医師に英文の処方箋を書いてもらいましょう。現地の薬局で見せれば同様の薬が手に入ります。

まとめ

アメリカでも購入できますが、自分に適応したものが見つけるのに面倒なので、日本で準備しておきましょう。


スポンサードリンク



 

女性は特に注目!【ファッション編】

衣類

アメリカの学生は、日本の学生と違ってとってもカジュアル。

毎日ジーンズとTシャツ、パーカー、サンダルもしくはスニーカーで過ごしています。たまにおしゃれするときは、ちょっとしたパーティのみ。

日本の女子大学生は、可愛らしい膝上ワンピースにピンヒールで大学に行く方も多くいると思いますが、このような恰好はパーティ以外で来ていると「ちょっと頭が軽い人なのかな?」と見られがちだそう。

アメリカの服装は良い意味でONとOFFが分かれています。普段使っているヒール付きの靴は厳選して1、2足ほど持っていけば十分でしょう。

また、アメリカは全体的に大柄のサイズが多いです。

日本人の一般的なサイズを探すのが難しいときがあるので、特にボトムス類はいくつか自分に合ったものを用意しておくことをおススメします。

化粧品

女性にとって化粧品は必須。特に顔につけるものなので、肌に合わない化粧品はせっかくの留学の思い出も台無しに。

中でもスキンケアは、普段日本で使っているものを1年分擁しておくことをおすすめします。

日本のブランドの化粧品は大都市では手に入ることもありますが、割高です。また、クレンジングが基本日本よりも化粧が落ちにくいのも難点。

アメリカのクレンジングは、ふき取りタイプか、普通の洗顔に近いような感覚のものしかありません。しっかり毎日化粧を落としたい方は、クレンジングは絶対に1年分用意したほうがいいです。

【オシャレ女子必見!】これがトレンド!アメリカ女子大生のファッション一覧

2018.09.12


スポンサードリンク



 

英語の勉強に支障がないように【生活編】

辞書・スマホ・パソコン

私が以前留学していた時は電子辞書が日本で流行っていました。外国では電子辞書を持っている人がほとんどいないので、授業中珍しがられました。

今では、学校などでネット回線もつながっているのでスマホやパソコンで英語を調べるのも容易になりました。

日本で使っているスマホもwi-fiが使えるところではネットにつながるので、日本からスマホをもっていくこともおすすめします。もちろん、電話機能も付けたいのであれば、SIMを購入する、または現地の格安携帯を買うことになるので、携帯電話会社へ行って購入しましょう。

パソコンは、近年では授業中のノート取りに使用する学生が増えました。

パソコンはアメリカでも売っているのですが、日本語機能に設定できない場合もあります。日本で自分に合ったパソコンを購入して持っていけば、スムーズに授業が始められます。

国際免許証

現地で運転をしてみたい、という上級者の方には「国際免許証」を取得することをおススメします。

日本の警察署で手続きすればすぐに発行してくれます。期間は1年間です。これがあれば、レンタカ―を借りてアメリカ国内を旅行したりできます。


スポンサードリンク



 

基本的に生活に必要なものはアメリカでも手に入ります

いかがでしたか?アメリカで手に入りにくい物はもちろん日本で用意していくことが最善ですが、アメリカも先進国。

洋服類や食べ物、基本的な雑貨はアメリカで手に入ります。現地でお買い物を楽しむことも、留学の醍醐味です。

困難なこともあるかもしれませんが、一個一個解決していくプロセスも楽しんで、英語力だけでなく、自活力もつけて帰国できると思います。

留学するのを楽しみに準備に励んでくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です