気分はニューヨーカー!暮すように楽しむニューヨークPart2

スポンサードリンク


こんにちは。今回は気分はニューヨーカー!暮らすように楽しむニューヨーク」の第二弾をお届けします。

前回は、「ファーマーズマーケット」や「マンハッタン」についてご紹介しました。

気分はニューヨーカー!暮すように楽しむニューヨークPart1

2018.08.08

 

3.美術館めぐりをしてみよう!

NYは世界のアートシーンを牽引する芸術の街でもあります。

Metことメトロポリタン美術館、MoMAことニューヨーク近代美術館、映画ナイトミュージアムの舞台にもなったアメリカ自然史博物館、等々他にも多くの美術館があり、観光客や市民に親しまれています。

NYに来たなら是非美術館での時間も楽しみたいもの。自分の好みに合った美術館へ行ってみましょう。

メトロポリタン美術館

METの企画展はいつも、これは行かねば!と思わせられる濃く充実した内容のものばかりですが、常設展がまた豪華。

中近東からイスラム、アジア、ヨーロッパ、アメリカの美術品が古代から現代までずらりとそろい、全部をじっくり見ようと思ったら1日あっても足りません。

フェルメールやパウルクレー、クリムトやピカソ、マティス、ゴーギャン、ルノワール、モネなど、巨匠の名作を一度に楽しむことができ、歩き疲れたら中世ヨーロッパのような館内のカフェでお茶をすることも可能。

ニューヨーク近代美術館

出典:https://www.compathy.net/tripnotes/11147

モダンアートの最先端の地でもあるNYに来たらMoMAへの訪問は欠かせません。自由で楽しい作品が多いMoMA

行ってみると、アメリカが自由の国と言われる所以を感じ取ることができるかもしれません。アンディ・ウォーホルのマリリンモンローやキャンベルのスープ缶、ピカソの糸杉など、一度は見たことのある芸術作品の本物を間近に見ることができます。

MoMAのミュージアムショップ、MoMAデザインストアでお土産を物色するのも楽しいはず。

アメリカ自然史美術館

出典:https://plysima.exblog.jp/8000832/

映画「ナイトミュージアム」を見て、夜中にはく製の動物たちが動き出す様子を想像してみた人も少なくないと思います。

映画の舞台となったアメリカ自然史博物館は、まさにあのままいつ動き出してもおかしくないほどにリアルな動物たちでいっぱい!

はく製そのものもリアリティーがありますが、注目すべきは再現性の高いジオラマ。動物たちが暮らす自然環境を忠実に再現したジオラマのリアリティーは、訪れた私たちを瞬時にアフリカのサバンナや東南アジアのジャングルにいるような気分にさせてくれます。

ティラノサウルスやプテラノドンなど、幼い頃に夢見た巨大な恐竜の骨格標本も見逃せません。

スポンサードリンク


 

4.セントラルパークでピクニックをしよう!

MetMoMA、アメリカ自然史美術館へ行ったなら、そのすぐ裏手はNY市民みんなの庭、セントラルパークです。

セントラルパークには庭園や広大な芝生、散歩コースがあり、ランニングや犬の散歩、芝生に寝そべって本を読んだり音楽を聴いたりなど、みんなそれぞれに好きなやり方で緑いっぱいのセントラルパークを満喫しています。

あれだけの大都市の中にいるとは思えない深い緑と静寂の中で、大きな木の向こうに見える摩天楼を眺めながらのピクニックは、読書や思索にふけるのにもってこい。

パーク近くのデリやスーパーでピクニックランチを調達して、セントラルパークへお散歩に出かけてみましょう。園内には日本でも人気のベーカリーPAULがあるので、ここでパンとコーヒーをテイクアウトするのも手軽な方法。スケジュールの詰まった旅の合間に、息をついてゆっくりしてみるのもいいのでは。

 

5.実力はプロ級!ストリートライブで音楽を楽しもう!

NYは成功を夢見るアーティストが世界中から集まる街でもあります。

その腕前を披露する場所を求めて彼らがバーやストリートで音楽を奏でている場面に出くわすのも、ニューヨークならではのこと。

競争が激しいだけに、ストリートミュージシャンと言えどもそのレベルは驚くほどに高く、思わず足を止めて聞き入ってしまうこともしばしば。時には一緒に踊り出す人や体でリズムを刻んで音楽を楽しむ人たちで小さな人だかりができ、路上がライブ会場になってしまうこともあります。

NYの地下鉄MTAでは、特に多くの人が行き交うハブステーションで、こういった実力のあるミュージシャンのライブをMusic Under New York(MUNY)として定期的に行っています。

グランドセントラルや42丁目、ユニオンスクエアなどの駅構内で、クラシックからジャズ、オペラ、ミュージカルソング、オールディーズ、最新のヒットソングなど、どこかで聞いたことのある曲をハイクオリティーかつユニークなパフォーマンスで聴くことができます。

夕方から夜にかけて大きな駅を利用してみると彼らに出会えるかもしれません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です