【まじで帰ってこれない】決して訪れてはいけないアメリカの危険な地域5選!

スポンサードリンク


こんにちは、Yushiです。

皆さんは、海外に行く前に必ず調べる事はなんでしょうか??

荷物、物価、観光地など色々ありますが中でも絶対に外せないのが、行っては行けない危険な場所です。

先進国の中では決して治安が良いとは言い難いアメリカ。

行く前に予め危険な場所や治安を調べておくと、危険に遭う確率も少なくなります。

今日は、『日本人が訪れては行けないアメリカの危険な場所5選』を紹介します。

もし、この5ヶ所で行こうとしている該当する場所がある場合は十分に注意する必要があります。少しでもお役に立てたら幸いです。

 

セントルイス/ミズーリ州(St Louis / MIssouri)

人口(2011年度の統計) 5,988,927
殺人件数 366件
失業率 6.89%

かつてセントルイスはミシシッピ川とミズーリ川を結ぶ商業都市として発展し鉄道・自動車産業で栄えた時代がありました。物価が安いのも有名です。

しかし、自動車工場などの縮小が影響し、治安の良い地域と悪い地域の差が激しくなりました。

貧困率の高さや、銃や麻薬犯罪も多く失業が大きな原因と考えられています。

盗難や暴行事件が多い為、観光するのは危険な場所です。

 

デトロイト/ミシガン州(Detroit / Michigan)

出典:https://matome.naver.jp/odai/2144403262630296801/2144403787834016203

人口 9,883,640
殺人件数 613
失業率 7.82%

一時期は3年連続で犯罪率が減少したにも関わらず、常に危険な都市として名を連ねています。

デトロイトといえば、自動車産業が有名ですが、約40年前から日本自動車産業がアメリカへ進出したため多くの企業の倒産や解雇で人口減少に繋がり深刻な問題となりました。

近年ではゼネラルモーターズが破錠し、失業率と貧困により治安の悪さは続いています。

殺人の数が、全米最多となっている上その半分以上の事件の犯人が捕まっていないと言う恐ろしい事態になってます。

 

メンフィス/テネシー州(Memphis / Tennessee)

人口 6,346,105
殺人件数 373
失業率 7.82%

ミシシッピ川に面し、テネシー州の西側に位置するこのメンフィスはギャングが多い街としても有名で、8000-9000人のギャングがいると言われています。窃盗や暴行事件も多い。

一昔前は、綿花の集散地として発展してきたが、近年では警察官の4−5人に一人が解雇される始末で治安は一向によくならない。

スポンサードリンク

ミルウォーキー/ウィスコンシン州(Milwaukee / Wisconsin)

出典:https://insolutions.jp/index_city_conect/milwaukee/

人口 5,686,986
殺人件数 136
失業率 7.10%

州最大の都市、ミルウォーキーはかつて機会・食品工業などで栄え、主産物・小麦粉が有名です。暴力犯罪が多く強盗や強姦事件が多発し、凶悪犯罪が増えています。

また、お年寄りの人口が大幅に増えた事により、暴力事件が増えたのではないかと言われています。他には、アフリカ系アメリカ人の貧困が原因とも言われています。

 

ボルチモア/メリーランド州(Baltimore / Maryland)

出典:https://jp.sputniknews.com/us/20150428257985/

人口 5,773,552
殺人件数 398
失業率 6.89%

かつてボルチモアはタバコを中心としで栄え、他にも貿易や自動車産業が盛んでした。

治安の悪さの原因は、60年代からメインであった産業が不況に陥り人口流出が背景にあります。これにより、スラム街が発展し暴力事件・殺人事件が大幅に増加し改善されていません。

2015年に、黒人市民が逮捕時に警察官に殺され、これにより抗議が暴徒化し、警察への不信感が治安の悪さを引き起こしているのではないかと言われています。

 

それでも、どうしても危険な地域に行きたい人へ

いくら治安が悪いからと言っても、必ず犯罪に遭うかと言われたらそれは違います。

しかし、犯罪に遭ってからでは遅いので、最低限出来る事は「自分の身は自分で守る」事です。

  • 暗い夜道は歩かない
  • 荷物は必要最低限にする
  • 警察の場所や、近くにお店があるかを確認しておく
  • 海外保険には入っておく

などです。

アメリカは日本と違い、多民族国家であり銃社会も相まって犯罪率が多くなっています。

治安の良い・悪いを見分けるのは難しいですが、

  • ゴミの多さ
  • ホームレスの数

は、街を歩いていてわかると思うので、見ておきましょう。

ここで紹介した場所以外にも危険な場所はたくさんあるので、細心の注意を払って行動するように心掛けましょう。

以上、Yushiでした。

スポンサードリンク