【女性必見!】海外移住したから言える。本当に海外へ行く際に持って行きたい物11選!

スポンサードリンク


保険証のコピーやパスポート、常備薬……。必須なものは分かるけど、「あった方がいいもの」って意外と難しいですよね。

今回は、アメリカで短期滞在をした私の考える「便利なアイテム・あると心強いもの」を11個ご紹介します。

 

まずは、日用品から

脱ぎ着のしやすい服・重ね着しやすい服

特にアメリカは、エアコンがガンガン効いています。私は室内外の温度差でバテて参ってしまいました……。薄手のシャツやパーカーなど、いつでも脱ぎ着しやすい格好をしましょう。

貴重品に付けられるストラップ(伸びるバネ型のものだと尚良い)

日本人のカメラ・スマートフォンなどは、窃盗犯にとても狙われます。日本のものは性能が良く、また日本人は治安の良さに慣れているからです。

貴重品や機械類は、ストラップでカバンに繋いでおくと安心です。

折り畳み式ハンガー

海外へ行くに限らず、折り畳み式のものは便利ですよね。ハンガーや洗濯バサミを持っていく必要がある場合は、コンパクトなものを探しましょう。

S字フック

意外と「ここにS字フックがあったら……!」という場面があります。私は自分の部屋に洗濯ヒモを渡す際、S字フックを使いました。便利ですので、念のため持っておくのも良いと思います。

新聞紙

私がアメリカへ行った際、向こうで知り合った方に割れ物のお土産をいただきました。梱包材などは無かったので、ルームメイトが持っていた新聞紙をもらいました。

新聞紙は何かと便利なので、持っていて損は無いでしょう。

日本の新聞を持って行くと、ホームシックになったときの気晴らしにもなりますよ。

耐熱カップ

現地のホテルやドミトリーに電子レンジがあれば、手軽にお水を温められます。100円ショップにも売っていますので、ぜひ使いやすいものを見つけてみてください。

私は耐熱カップで、粉末スープを溶かして飲みました。箸やスプーン、食器用洗剤などもあると心強いですね。良い物が見つからなかった人の為に、インターネットではこんなに可愛いカップが売っています。

 

 

薬品は意外と必要!

生理用品

女性は絶対に持っていってください。私は友人に「普段の周期だとならないはずだったんだけど、なっちゃったからナプキン分けて……」と懇願されました。

結局私の分まで危うかったので、自分で使う分は自分で持っていきましょう。

滞在している間、毎日使っても安心できるくらいの量が良いと思われます。

体調不良の際に飲んでいる薬

普段は病気がちでない人も、環境が大幅に変わりますから、体調を崩すことが多いです。調子の悪いときに飲むお薬は、必ず持っていきましょう。

先ほどの話と同じです。一緒に行く人へ迷惑をかけないためにも、お薬は必須です。

シャンプーやリンス、ボディソープ

大事なのは「行く先の水(硬水など)に合うかどうか」です。

日本は軟水ですので、シャンプーなども軟水向きのものが多いです。いつも使っているものが現地のお水に合うか、調べてから持って行きましょう。

スポンサードリンク

 

体の弱い方が持っておくべきもの

水のいらないシャンプー、ボディシート

カビアレルギーを持つ私は、寮のシャワールームを使った後、ひどく体調を崩してしまいました……。その後はシャワーを浴びに行くのもおっくうで、なかなか大変な思いをしました。

中には私のように、肌が弱い方・デリケートな体質の方もいらっしゃると思います。備えあれば憂い無しですから、ぜひ「シャワーを浴びられなくても清潔を保てる」用意をされてみてください。

水のいらないシャンプーには、ミストタイプやウェットシートタイプのものがあります。また、デリケートゾーン用のボディーシートも売っています。

ドラッグストアに売っていますので、ぜひ探してください。私の愛用しているシャンプーはこちらです。水なしで髪が洗えるので、とても便利です!

 

番外編

普段食べている日本食

現地に行ったら、食べ物が口に合わなかった……! ということも珍しくありません。「南の島に行ったら、食べ物が全部ココナッツオイルの味がして食べられなかった」「脂っこい食事が重たくて、満足に食べられない」なんてことになると、悲しい思い出になってしまいますよね。私は後者で、前者は私の知人の体験談です。

アジアンショップがある可能性もありますが、やはりいくつかご持参されることをオススメします。その際には、飛行機に持ち込める食品かどうか、確認してくださいね。

ちなみに私は、レンジでチンするご飯を持っていきました。うるち米にあれほど感動したことはありません……。

 

まとめ

いかがでしたか?

慣れない場所へ行くときは、不安も多いと思います。この記事が、そんな方々のお役に立てれば幸いです。

せっかくの滞在ですので、心置きなく楽しめるよう準備をしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です