【体験談】リゾートバイトで必須の持ち物10選

リゾートバイト(国内のワーキングホリデー)に参加して、色々と持ち物を忘れてきた「げこた」です。

人生初のリゾートバイトに参加したけど、色々と物を家に置いて困っています。僕はリゾートバイトで長野県北安曇郡白馬村に来てます。白馬村はスキー場として、とても有名な場所です。スキー場が有名なので、気温もかなり低いです。

ダウンや靴下など体を暖かくする物を置いてきた僕から、リゾートバイトで必須の持ち物を10個ご紹介します。

関連記事:【体験談】英語が学べる白馬のワーキングホリデーについて

スポンサードリンク

爪切り

歯ブラシの様に毎日使用するものではないので、意外と忘れる人が多いです。忘れた時にお店に買いに行くと思いますが、実はお店には中々売ってないです。コンビニで売っている可能性は低いです。薬局に行けば必ず購入できるでしょう。

リゾートバイトの参加者に爪切りを持ってきている人がいると思うので、その人に借りてもいいと思います。ネイルをしている女性は、自分のこだわりの爪切りを持参するのがベストです。

爪切りを忘れたから、爪を噛むのは避けましょう。

 

 

HDMIケーブルと変換コネクター

宿泊先にテレビかモニターが置いてある可能性があります。モニターが設置してあれば、HDMIケーブルとスマートフォンをHDMIケーブルに変換するコネクターがあれば、スマートフォンの画面をモニターに出力することが可能です。

スマートフォンの画面をモニターに出力することができたら、YouTubeや写真を大画面でみんなで見ることができます。

 

 

スノーブーツ

雪が多く降る場所では必須です。雪がたくさん降る長野県の白馬村は最大で50m以上は雪がつもります。足先を濡らしたくない人は膝まで丈があるスノーブーツが必要になります。

スノーブーツを選ぶコツとして、デザインを重視するより、機能性を重視することをお勧めします。その次にデザインか価格で選びましょう。

スポンサードリンク

ポケットwi-fi

リゾートバイトで向かう先は、場所によってはネット環境が整っていない場合も考えられます。大都会と違って、山の奥や離島ではネット環境は全然整っていません。ネットが繋がっても、ネットサーフィンすらできない所もあります。

スマートフォンを毎日使用している人や遠隔地でパソコンを操作したい場合はポケットwi-fiは必須になります。ポケットwi-fiを選ぶ時は、どこで使用する可能性があるかを判断して選びましょう。

 

 

殺虫剤

宿泊先は基本的にあまり綺麗な建物ではないです。冬場以外は建物に虫が出現します。トカゲとかコウロギとか。

あらゆる虫を撃退するために、殺虫剤が必要不可欠になります。スプレータイプと置き型タイプの2種類を用意すれば問題ないです。

もしあなたが、虫と一緒に寝るのが好きな人なら、殺虫剤は必要ないかもしれません。

 

食器類

宿泊先に食器類が置いてありますが、その食器が綺麗なものとは限りません。見知らぬおじさんが使用した物かもしれないです。

潔癖症の人は宿泊先の食器類を使用するのは、酷かもしれません。人と間接キスするのが嫌な人はマイ箸やマイ皿を用意することをお勧めします。

 

 

タオル

衣類ばかりに目が行き、タオルの必要性を忘れている人が多いです。

宿泊先に身体を拭く用に大きいタオルが1枚用意されていますが、その1枚だけで生活していくことは不可能です。身体を拭く用の大きいタオルは最低でも2枚は必要です。

また、身体を洗う用・手を拭く用などに使用するスポーツタオルも3枚ほど必要になります。

 

 

リセッシュ

自宅とは違い宿泊先では衣類は十分に揃っていないです。スーツケースに収まる服なんて、4日〜5日ぐらいでしょう。数少ない服を使用して暮らしていく必要があります。

宿泊先に洗濯機が置いてあると思いますが、自由に使用できないかもしれないです。着る服が少なくなり、同じ服を2日連続で着ることもあるでしょう。2日連続となると、臭いも少し気になるので、リセッシュを服に振りかけて、部屋干しするだけで臭いが取れます。

 

 

折りたたみ自転車

宿泊先はド田舎だったらどうしますか。

最寄りのコンビニは徒歩30分。車も持ってきてないし、電車なんて1時間に1本。このような場所に暮らすことにこともあります。

そんな時に自転車1つあったら凄く便利だと思いませんか。自転車を使えば、コンビニまでは10分で到着します。自転車があれば、宿泊先の周りを観光することもできます。(雪が降る場所以外)

手荷物で宿泊先まで持っていくのは大変なので、郵送で送りましょう。

 

トランプ

仕事ばかりだと生活が退屈になってしまいます。たまには、息抜きをする必要があります。息抜きの方法はいくらでもあります。お酒を飲むのもいいし、裸の付き合いをするのも全然ありです。方法はいくらでもあるが、トランプをするのが一番無難だと思う。

僕はリゾートバイトで知り合った人たちと、トランプの大富豪や7並べをして、仲が一気に深まりました。(体験談)

息抜きはできたが、ゲームに負けたので、敗北という悔しい思いをしました。

 

リゾートバイトをしている僕からの一言

リゾートバイトをしている僕から一言です。人生で初めてのリゾートバイトに参加したけど、色々と物が不足している僕です。

宿泊先に持ってこれば便利だと思ったものを10個紹介しました。

この記事を見て、リゾートバイトに行く人の参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です