大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』で日常英会話を学ぼう!

大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』で日常英会話を学ぼう!

突然ですが『ウォーキング・デッド』という海外ドラマをご存知ですか?

2010年から始まったドラマシリーズで、毎年1シーズンずつ発表されているんですが、今年シーズン10が公開されてものすごい話題になっているんです!

今回はそんな話題のウォーキング・デッドから、覚えておくと役に立つ日常英会話フレーズをご紹介します。


スポンサードリンク



1、『ウォーキング・デッド』とはどんなドラマ?

『ウォーキング・デッド』は、ウォーカーと呼ばれるゾンビで溢れてしまった世界の物語です。主人公を含めた生き残った人類が、なんとかウォーカーから逃れ、安心して暮らせる場所を探し求めます。

現在ウォーキング・デッドを視聴できる動画視聴サイトと月額料金をまとめました!これからウォーキング・デッドを観てみようかなと思っている方は、参考にしてみてくださいね。

【ウォーキング・デッドを視聴できる動画サイト】全て税込価格

サービス名 価格
AmazonPrimeVideo Amazon会員月額¥400円、年間プランは1年で3,900円
dtv 月額540円
Hulu 月額1,007円
Netflix 月額846円〜
U-NEXT  月額2,149円


スポンサードリンク



2、『ウォーキング・デッド』で学べる日常英会話の紹介

それではさっそくウォーキング・デッドのシーズン1エピソード2『Guts』より、覚えておくと便利な英会話フレーズをご紹介します!

①「The fever burns you out.」

「その高熱は、君を焼き尽くすよ」=「その高熱で君は死んでしまうよ」

ウォーキング・デッドでは、ウォーカーと呼ばれるゾンビに噛まれると、高熱を出して、自分もウォーカーになってしまうんですよね。本当に怖い世界です!

ここでの「The fever」は、ウォーカーに噛まれることで、起きてしまう高熱を意味します。

後半の「burns you out」を直訳すると、「焼き尽くす」と訳せますよね。

高熱が人を焼き尽くすということは、つまり高熱で死んでしまうというですよね、、、、。ウォーキング・デッドの世界ではウォーカーに捕まらないことが、とにかく大切なんです!

また「burn」は、「燃える」という意味の他に「情熱的になる、焼き付ける」など様々な意味で使われます。

I’m burning for learning English!
英語を勉強するための熱意でいっぱいです!

I want to burn this moment into my memory forever.
この瞬間をずっと記憶に焼き付けておきたい。

というような言い回しにも使えます。

これらの例文は、日常英会話でも使えるので、ぜひ「burn」を使ってみてくださいね!

②「Don’t wander too far.」

「そんなに遠くまで考えないで」=「そんなに考えすぎないで」

ウォーキングデッドのようなタフな世界では、つい色々なことを考えてしまいますね。

しかし「そんなに状況でも色々考えても仕方ないよ!」というセリフが今回紹介する「Don’t wander too far.」です。

ここで使われている「Wander」は、よくI wander。。。という形でよく見かけますよね。

wanderとthinkの使い方の違いを簡単に説明してみますね。

wanderは、「確証はないけれど、なんとなくそう思う」や、「そうなんじゃないかと推定する」という時に使います。

簡単にいうと、自信はないんだけれど、なんとなくそう思うなという時に使います。

thinkは、もう少し事実に基づく自分なりの考えを持っていたり、自分の意見に自信を持っている時に使います。

正直thinkとwander使い間違えても、大きな問題はないと思います!

今回の場合は、あるキャラクターが、ろくに調べもせずに自分の想像の中でぐるぐる考え事を巡らせているので、wanderを使っているんですね。

もしもう少しきちんと考え事をしすぎている人がいたら、

「Don’t think too much!」

「You’re overthinking!」

と言ってあげましょう。

③「That’s what you get for keeping me waiting.」

「それはあなたが私を引きとめるために得たものです。」

前半部分の「That’s what you get」は、日常英会話で使える例文として覚えておくと、グンと会話の回数も増えるはずです!

「That’s what you get」を言い換えると以下のようになります。

That’s what you want. それがあなたが欲しいものです。

That’s what you need. それがあなたが必要としているものです。

That’s what you achieved. それがあなたが達成したものです。

「That’s what you」のあとを変えるだけで色々な表現ができるので、たくさん使ってみてくださいね!


スポンサードリンク



まとめ

今回は大人気海外ドラマウォーキング・デッドより、3つの使える英語セリフについてご紹介しました!

どの言い回しもとても簡単なフレーズです。しかし英語独特の言葉の使い方や、話し方を覚えるのにぴったりな例文だと思うので、よかったらマスターしてみてくださいね!

またウォーキング・デッドは、一見よくあるゾンビドラマのように見えますが、ストーリーが深く共感できる部分が多いことで知られているドラマです。よかったら英語学習にもなるので、観てみてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です